システムを知る

先生と生徒

英会話を学習する方法として英会話スクールがあります。学校の英語の授業のように文法を学ぶようなものではなく、実際にコミュニケーションを取ることに力を入れていることが特徴です。ただ、英会話スクールと言っても違いはあります。同じコミュニケーションのレッスンであっても、レベル別に分けられているスクールや、目的別にコースが分けられていることもあるので、スクールごとのシステムを比較する必要があります。どのような場面で使用する英会話を学びたいのかということから比較します。英会話にもシーンに応じた適切なフレーズや文法があります。特にビジネス場面で使用することを想定しているならば、すぐにでも実践できる力を身につけることが必要です。

変更時の取り扱い

ABC

英会話スクールを比較するポイントのひとがレッスンの時間帯です。ほとんどの人は社会人で、仕事をしながら英会話スクールに通います。仕事の帰りなど自分自身が通いやすい時間にレッスンを受講できるかということです。また、子育て等により、急にレッスンに参加できなくなったときの対応についても比較する必要があります。具体的に言えば振替のレッスンに関することです。振替レッスンが有料なのか、無料なのか、また振替の期間はいつまでかなどを比較します。

費用の内訳

女性

英会話スクールに通う場合には入会金などの費用が発生します。費用というと毎月の月謝ばかりに注目しがちですが、まずはどのような経費があるかを知ることです。入会金、月謝、スクール管理費があります。この内、毎月支払うものとして月謝とスクール管理費があります。スクール管理費はレッスンの進捗状況の把握などのシステムに対するお金です。スクールによっては月謝のスクール管理費が合算されていることもあるので同じ目線で比較しないことが大事です。

条件を揃える

先生と生徒

英会話スクールの月謝を比較する際にはレッスン形態を同じにしておく必要があります。と言うものの、英会話スクールのレッスン形態にはグループレッスン、少人数レッスン、マンツーマンレッスンがあるからです。月謝としてはマンツーマンレッスンが最も高く、グループレッスンが安くなります。そのため、比較する際にグループレッスンの英会話スクールとマンツーマンレッスンの英会話スクールを同じように比較しても参考にはなりません。条件を揃えて調べることで正確な情報を知ることができます。毎月単位だと少しの差でも年間にしてみると大きくなるので、長期的なスパンで計算してみることも大事です。

広告募集中